世界のサッカー FC

FC

最近は、サッカーに心底熱狂しているサポーターが世界各地で急増しています。お気に入りのチームの勝敗に一喜一憂しながら思いきり楽しんで観戦しています。そんな熱いファンから親しまれているヨーロッパや南米のクラブチームは、練習環境が整っていて、所属する選手のレベルも非常に高い点が特徴といえます。スピードあふれるドリブルやパスセンス、当たり負けしない体の強さなど、あらゆる点においてもトップクラスとなっているのです。

そんな世界のサッカーに追いつくため、日本のFCはさまざまな工夫を凝らして練習に取り組んでいます。力の差を肌で体感するために海外のクラブチームと定期的に試合を組んだり、組織力を高めるために連携を重視する戦術をとるなどきめ細やかな指導を行っています。一流外国人選手を招いてお手本にすることでチーム全体のレベルアップにも繋げているのです。

このように、監督やコーチ、選手たちの一人一人が真摯にサッカーと向き合って本気で強くなろうとトレーニングに励む姿に、心を打たれるファンも続出しています。これからもその満足度と信頼感はますます高まっていくと見られています。世界との差を着実に縮めていくことが、国際大会での勝利につながるのです。


http://www.enjoysocceryosoubook.com/

サッカーボール

世界のサッカー 王座

王座

サッカーのイベントとして世界的に有名なものはワールドカップですが、ワールドカップの王座は、過去と現在で大きく変わってきました。

元々、サッカー強豪国は南米とヨーロッパに集中し、その中でもブラジルとアルゼンチンは強豪として知られていました。ヨーロッパ諸国にも強いところはたくさんありましたが、南米諸国にはかなわないことが多く、準優勝どまりが多々ありました。

しかし、最近になって状況は大きく変わってきました。南米諸国は強いままですが、ヨーロッパ諸国がサッカーの水準を上げ、世界王座につくようになってきたのです。特に、イタリア、フランス、スペイン、ドイツは最強国として知られてきており、ワールドカップの試合で南米諸国を打ち負かすことも、珍しくなくなってきました。また、以前はサッカー中堅国だったヨーロッパのナショナルチームもレベルを上げ、まだまだ優勝にはほど遠いものの、南米諸国と遜色ない強さを見せています。

世界のサッカーのパワーバランスは、大きく変わりつつあります。国際試合でも、以前では考えられない結果を見る事が、少なくなくなりました。次のワールドカップでは、どんなチームが出場し、どのチームが王座に輝くのか、意外な結果が期待できそうです。

サッカー

世界のサッカー チーム

先日、スペインのプロサッカーチーム、FCバルセロナの選手数名が日本へやって来ました。来年度からメインスポンサーになる楽天との契約の為に来日したという事ですが、世界最強ともいえるプロサッカーチームの、しかもメインスポンサーになるおいう事自体、日本にとっても大きな出来事かもしれません。世界中から注目を集めるスポーツ競技、サッカー。

ワールドカップなどの各国代表戦はもちろん、レベルの高い欧米諸国でのリーグ戦もますます注目され、どのチームのスポンサーも世界企業ばかり。そこに、日本の企業名が超ビッグクラブのユニフォームの一番目立つ部分に入るのですから、楽天もグローバルスタンダードな企業へと成長した証でしょう。このように、資金が潤沢な企業から支援を得て戦力補強していくのはサッカーに限った話ではありませんが、ここ数年の状況を振り返ってみると、高額な移籍金や年棒で移籍する一流選手が目立ってきました。

ブラジルのネイマールやコロンビアのロドリゲスなど、破格と言っていい金額で新天地へ移籍し、尚且つ、結果を残しています。もちろん、全クラブが当てはまるとは言えませんが、20年前に比べて、大きな企業のバックアップが目立ってきて、そこから強さを見出してきているのかもしれません。

チーム

世界のサッカー スコットランド

スコットランド

ヨーロッパでは、サッカーの人気が高く、選手の層も厚いです。イングランドのプレミアリーグやブンデスリーガは、世界中にファンがおり、日本でも有名ですが、最近はスコットランドのサッカーリーグも注目を集めています。

スコットランドの上位10クラブが、新しいリーグを設立したのは1998年のことでした。手本にしたのはイングランドのプレミアリーグで、一定の交渉期間を経て、新たなリーグが開幕します。その後、クラブ数が増え、2013年には再統合されています。

サッカーリーグは、毎年8月に開幕します。翌年の4月までに228試合を行い、第33節までは3回総当たり戦で戦います。第34節以降は、グループ内で1回総当たり戦を行います。全試合の合計勝ち点で順位が決定しますが、第34節以降は、上位と下位グループの間で順位が入れ替わることはありません。最下位になったクラブは、下部リーグに降格します。

スコットランドは、昔はイングランドの好敵手として人気がありましたが、次第に低迷して人気選手が他国リーグへと流出してしまいます。しかし、21世紀に入ると、海外から積極的に有能な選手を獲得するようになり、少しずつ評価が戻ってきています。